民間学童保育なら早朝から夜遅い時間まで預かってもらえる

民間学童保育サービスをご存じですか

遊具で遊ぶ

お仕事の都合や家族の介護や病院への立ち合いなど、お子さんがいるのに夜遅くまで帰宅できない日が続く事があります。学童保育のお迎えに間に合わないなどとパニック状態になった事も一度や二度はあるのではないでしょうか。そんな方に是非知っていただきたいのが民間学童保育サービスです。
公的な学童保育が学校がある日の放課後から稼働して18時ごろには通常の預かり時間を終えるのに対して、民間学童保育では夕食オプションなどを利用することにより遅くまでお子さんを預かってくれる所が多いのです。なお民間学童保育では早朝からの預かりにも対応できますので、早朝シフトがある方などにも心強いです。
また公的学童保育にない特色としては、宿題以外に塾や英才教育のような多彩なプログラムを受けられる事も挙げられます。
それぞれの民間学童保育サービスによって特色あるカリキュラムが用意されていますので、お子さんが楽しく続けたくなるようなサービスのある施設を選ばれるのが良いでしょう。民間学童保育サービスを利用する際の注意点は、オプションの利用等によって料金が変動しやすい事です。どのサービスを利用するのか比較する際には、オプション料金についてもしっかりと確認しておきましょう。

気になる民間学童保育の利用事例

お母様も働かれているご家庭では、学校から帰宅したお子さんのことが大変気になっているでしょう。ママ友から民間学童保育の話を聞いて、詳しく知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。民間学童保育は様々な家庭事情を想定し、ニーズに対応できるサービスと、お子さんの教育に役立つサービスを行っています。忙しいご家庭に好評であるため、ママ友から「利用して良かった」という声もあがっているのではないでしょうか。
そこで利用を検討されているお母様の参考になる情報として、一般的な民間学童保育の利用事例をご紹介します。まず平日仕事で帰宅時間が遅くなるケースでは、平日のみ毎日利用できます。帰宅時間に合わせて利用を調整でき、イレギュラーで遅くなる場合は時間延長も可能です。パートなどで平日の特定曜日のみ帰宅が遅くなる場合も、その範囲内での利用が可能です。時間によっては、夕食サービスを利用されるケースもあります。
夏休みなどは、お子さんが日中も家にいることになりますが、それに合わせて仕事を休むことは難しいものです。そんなケースでは、長期休みの期間のみ民間学童保育を利用されるケースもあります。以上のように様々な家庭事情に合わせて、皆さんフレキシブルに利用されています。

民間学童保育には芸術が学べるところもあります

公立の学童保育とは違い、民間学童保育の中には教育方針として学業以外に力を入れているところもあります。例えばですが、芸術に力を入れている民間学童保育がそれに当たります。公立の学童保育にはないような芸術が学べる学童保育も民間には多く、学業以外にも子供に何かを学ばせたいと思ったら最適です。
民間学童保育でどのような芸術が学べるのかという事ですが、多いのは絵を描く事と楽器を演奏する事です。絵は公立の学童保育でも学べる事がありますが、民間の場合は専門のスタッフがより本格的な絵画の描き方などを教えてくれます。もちろん使う道具も本格的な物が揃っている場合が多いです。
楽器の演奏はピアノやバイオリンを専門のスタッフに教えてもらえる民間学童保育が多いです。また、最近ではギターやウクレレなどを教えてもらえる事も多くなっています。長期間同じ民間の学童保育を利用する事で最終的には本格的な演奏が出来るようになる子供も多いので、音楽が好きな子供に最適です。
他にも、写真撮影や造形など色々な芸術を学べる民間学童保育がありますので、学業だけではなく子供の想像力も育てたいと思ったらぜひ芸術に力を入れている民間の学童保育を選んで下さい。

民間学童保育の利用にあたって把握しておきたいこと

お子さんの成長とともに、お母様も仕事復帰されるケースは少なくありません。教育費や家のローンを考えて、家計を助けるために、お母様がパートに出るご家庭は珍しくない状況です。また出産後から、夫婦共働きの状態を続けるご家庭もあります。ご両親を頼ったり、幼児の預か…

MORE


TOP

Copyright © 2021 民間学童保育なら早朝から夜遅い時間まで預かってもらえる All Rights Reserved.