民間学童保育なら早朝から夜遅い時間まで預かってもらえる

充実した時を過ごすための民間学童保育選び

ガッツポーズの男女

小学校の低学年は人格を形成するうえでも重要な時期であり、放課後に勉強や遊びを通じて良い人間関係を構築するのが望ましいです。したがって授業が終わって自宅に帰るよりも、民間学童保育を活用したほうが大きな教育効果が期待できます。特に両親が共に企業などで働いているときには、民間学童保育が安全な遊び場所の確保にもつながります。地元の自治体が提供する情報を参考にすると、子供が通っている小学校の学区に対応した民間学童保育を見つけられます。施設によって対応可能な学年は異なりますが、最近では小学校6年生まで受け入れている学童保育も増えています。
また専門講師を招いて様々なプログラムを実施している学童保育は、児童一人一人の興味や関心に合わせて主体的に学べるのが魅力です。公園などでスタッフと遊ぶプログラムも人気がありますが、お菓子作りや遠足などの体験型のプログラムも好評です。また民間学童保育に子供を通わせている保護者は、学力を高める取り組みも強く求めています。そのために施設の担当者も学習指導に力を入れており、特に小学校の教科書の内容に合わせたプログラムが注目されています。また問題集を使って主体的に学ぶと、家庭でも自主的に学習できるようになります。

民間学童保育の利用にあたって把握しておきたいこと

お子さんの成長とともに、お母様も仕事復帰されるケースは少なくありません。教育費や家のローンを考えて、家計を助けるために、お母様がパートに出るご家庭は珍しくない状況です。また出産後から、夫婦共働きの状態を続けるご家庭もあります。ご両親を頼ったり、幼児の預か…

MORE


TOP

Copyright © 2021 民間学童保育なら早朝から夜遅い時間まで預かってもらえる All Rights Reserved.